メモ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

タクティクスオウガ:ザパンエンディング(シナリオ会話)

デニム
『やっぱり、出ていくんだね…。
ザパン
『まあな…、
 金もたんまりといただいたしな。
『それに、平和になっちまった
 ハイムにいても、オレたち賞金稼ぎは
 日乾しになるだけだからな。
『大陸へ渡ってみるつもりだ。
 もう、このヴァレリア島には戻らねえ。
デニム
『ハイムの警備隊長の職をけったこと、
 モルーバ様が残念がっていたよ。
『いい仕事だと思うけどな。それに、
 あんなにお金をもらったんだから
 ここらで落ちつけばいいのに…。
ザパン
『おいおい。このオレ様に意見する気か?
 十万年早いぜ、坊主。
『まあな…、わかっちゃいるんだ。
 落ちつくべきだってことぐらい…。
『いつまでも、こんな商売が続くなんて
 思っちゃいないさ…。
 ただなあ…。
デニム
『ただ…?
ザパン
『おまえらみたいな若造をみるとさ、
 こう、なんつーか…、
『世の中も、まだまだ
 棄てたモンじゃねーなって
 思うわけだよ。
『だからさ、おまえみたいな小僧の、
 まだ世間に埋もれている若造たちの、
 何か力になってやりたいのさ…。
デニム
『へーぇ。
ザパン
『なんだよ、何かヘンなこと言ったか!
デニム
『あんたの口からそんな台詞が
 出てくるとは思わなかったよ。
ザパン
『なんだとッ! こ、このヤローッ!!
デニム
『うわッ! わっ! じょ、冗談だよ!
ザパン
『達者でな、坊主。
デニム
『あんたもね…。

スポンサーサイト

PageTop

タクティクスオウガ:ヴァイスエンディング(シナリオ会話)

ヴァイス
「デニム。
 行っちまったんだよな、おまえ…。


ヴァイス
『バクラム軍が侵攻を開始するとはな、
 思いもよらなかったぜ。
『まあ、これで公爵は終わりってことか。
 足並みのそろわないおまえら解放軍に
 くい止められるわけがないもんな。

デニム
『このままでは終わらせない。
 むざむざバクラムにやられるもんかッ!

ヴァイス
『いい方法でもあるっていうのか。
 わかった、お手並み拝見といこう。
『だけど、時間がないぜ。
 おまえの妙案とやらで解放軍を
 まとめたとしても、間に合うかな?

デニム
『…今度、会うときは本当に敵同士だな。
 それまで死ぬなよ、ヴァイス。

ヴァイス
『そっちこそ、死ぬんじゃねえぞ。
 また会おう、デニムッ。


ヴァイス
『…でもな、人は自分の罪を
 悔い改めることのできる動物だ。
『あのとき、あの方法がベストだと
 判断したおまえが、
 オレよりバカだっただけさ。
『今、おまえがしなきゃならないことは
 この戦乱を終わらせるために
 戦うことだけ。
『それがバルマムッサで死んでいった
 人々に対するおまえの償いなんだ。

カチュア
『そこまで言うことないじゃない!

デニム
『いいんだよ、姉さん

ヴァイス
『じゃあな。行ってくるぜ。

デニム
『…ありがとう、ヴァイス。

ヴァイス
『カン違いするなよ。
 許したわけじゃないんだから。


ヴァイス
「…………。

ヴァレリア王国兵士
「ヴァイス様、ここにおいででしたか。
 みなさん、お待ちですよ。

ヴァイス
「すまない…。今、行くよ。


ヴァイス
(デニム、また、会えるよな…?)

PageTop

タクティクスオウガ:ジュヌーン・オクシオーヌエンディング(ゲームシナリオ)

デニム
『…コリタニに戻るそうですね。
ジュヌーン
『ああ、彼女と一緒に行くつもりだ。
オクシオーヌ
『コリタニでは未だ枢機卿派の残党が
 抵抗を続けているらしいの。
ジュヌーン
『こうしてハイムで見ているより民の側で体を動かしたくてね…。
オクシオーヌ
『私のわがままなの!
 ジュヌーンは何も悪くないわ…。
 ごめんなさい、デニム。
 私もハイムに残りたかった。
 でも…。
デニム
『いいんだ、オクシオーヌ。
 気にすることはないよ。
 僕たちだけでヴァレリアを統治できる
 とは思っていない…。
 中央だけではだめさ、
 これからは、地方の人々も中央も皆、共に手をとりあって
 平和な世界を築かなければ…
 きみがやろうとしていることは正しい。
 自信と誇りを持って
 がんばってくれ。
オクシオーヌ
『ありがとう、デニム
(デニムの頬にキスをして走り去る)

ジュヌーン
『彼女のいた村へ行ってみるつもりだ。
デニム
『オクシオーヌの村ですか…
ジュヌーン
『今さらどうにかできるわけでもないが、
 花の一つでも供えてこようと思う
 彼女は私を許してくれたが、
 私自身の罪が消えたわけではない…
デニム
『………。
ジュヌーン
『元気でな。
 何かあったら、必ず連絡をしてくれ。
 どこにいても、すぐに
 きみたちの元へ駆けつけるから。
 さらばだ、戦友よ。
デニム
『ジュヌーンさんこそ、お元気で。

PageTop

シルヴィア→レヴィン

・2章フュリー登場
 シルヴィアにとっては「いきなり出てきて誰アンタ」
 同時にレヴィンの正体を知ることに
 レヴィンは他の「高貴」な人とは違うのよ!
 アイラみたく国を失くしてさすらっている人もいるんだから。レヴィンは自分からさすらっていけど、この先どうなるかはわからない世の中。レヴィンは自分から捨てた。もうレヴィンは王子じゃないの!
 王なんてなりたくてそれに向いている人がなればいいの! ここはアグストリアなの、シレジアではないの! しかし彼女の心には周囲の王侯貴族の多さに疎外感も内包。

 ラケシスの様子にエルトシャンを勝手に想像。「兄」はそういうもの? しかしシグルドとエスリンは?

 しかし時がたちシレジアに帰国した途端レヴィンの顔が「王子」のそれに戻っていることにやがてシルヴィアは気がつくことに。

PageTop

ブリギッドの逃走

・3章シルベール制圧後

・オーガヒルの部下たちの裏切りにあい、ブリギッドは逃走する
 行先はわからない。
 ドバールの言っていたことは真実なの?
 よくある作り話ではなくて?
 いったい私は何者なの?
 それもわからないままこのまま力尽きて死んでしまうの?
 助けて、おやじ、お父様…!
 眼前にはブラギの塔が見えてくる。

・私はどうしてこんな目に?
 本当の子でなければ頭目になれないの?
 私に何が不満なの? 女だから? 力がないから?
 結局は自分のせいなのか。
 私は父親のやり方を継いだだけなのに。
 できる限りのことはした。
 何もわからないままで死ぬわけにはいかないわ!

・途上で弓騎士と出会う
 「エーディン」という名の女と間違えたらしい。
 「もう行くからな」と言ってそのまま離れたけれど、私はどこへ行くの?

PageTop

デュー×ラケシス

レンスターに落ち延びたラケシスは妊娠中。
彼女は父親をデューだと言う。
にわかには信じられないフィンに、ラケシスはさらにもう一人オイフェに預けた男の子がいると言う。

その後のナンナ。
ラケシスに父親のことを聞き出そうとする。
しかしラケシスはあまり具体的なことは言わなかった。
ただ、デューはとても楽天的でいつも周囲を楽しませて明るくさせて人気があったから、よくやきもちをやいていたと。彼は私にとって太陽だった。みんなを照らしてくれたのよ。

デューの特技。
一度見たことのある人間には変身できること。
だから最初エルトシャンに変身してなぐさめてくれた。
でも、声までは真似できなくて、おまけに話し方もそのままであの姿で「オイラ」なんて言うから私はおかしくてね。そして気がついた。デューはデューのままでいいって。そしてこの人の子供が欲しくなった。

PageTop

1.5章エバンス

・1章終了後エバンスに帰還したシグルドの許へ、エルトシャンとグラーニェ、そして生まれて1歳にもならないアレスが来訪。

・シグルド、エルトシャンに国境防衛の礼と自分の結婚を報告
 エルトシャンは急な報告と意外な相手と成り行きに驚きを隠せない。

・イムカ王急死とシャガールの即位がエバンス防衛の後にあり。
 また、ハイラインとも結果的にしこりが残る。

・「次に子供ができるのはシグルドだな」

・エルトシャンを「エルト」と呼ぶグラーニェ、そしてレンスターへ向かうグラーニェを見送るエルトシャン

・「ラケシスにも早く相手が見つかってほしいとは思っているのだが」
 「エルトにどっぷり浸からせてあげてからでも遅くはないのよ」

・シグルドとグラーニェの約束
 「どうかエルトシャンと戦うことがないように」

・別離のエルトシャンとグラーニェに不思議な気持ちのディアドラ
 「愛があればかえって離れることも平気なのかしら?」
 でも私は離れたくない
 ディアドラはなぜか彼女に親近感を覚える
 「グラーニェさん、また会いたいわ。」「私もよ。その時はもっとゆっくり話をしましょう。」

・シグルドにはエルトシャンが心なしか不機嫌に見える。
 イムカ王が急に亡くなられたから?
 これから何事もなく終わればいいのだが。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。