メモ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブログ休止

ここに書ける内容のメモがもう尽きてしまいましたので、ブログは無期限のお休みになります。

スポンサーサイト

PageTop

2章終了後ノイッシュとラケシス

・エルトシャンはシルベールに去り、今までガードしてくれたイーヴ三兄弟はノディオンへ帰還し、ラケシスは一人アグスティにとどまることになる。
 周囲はグランベルの人たち、今までは協力者だったけれどこの先はどう転ぶのかもわからない。人質も同然なのかもしかして。
 ノディオンは遠く、周囲に親しい人もいない。エルトシャンやイーヴに会いに行くこともできないとラケシスは急に孤独感にさいなまされる。そこに声をかけてきたのがノイッシュだった。

 この人はシグルド様の傍にいた人。金髪で赤い鎧を身にまとい。そこだけなら兄さまと同じかな。少し慰められる。

 アグスティはノディオンよりも賑やかな町で何といっても王都。これから少しでもこの町の暮らしを楽しめればね。

PageTop

フュリー(3.5章~4章)

・時々、どうしてこんなにレヴィン様に惹かれるのか自分でもわからない時がある。
 でも、諦められない。昔からずっと好きだった、私の変わらない夢。
 シルヴィアの浅はかさとは違うのよ。
 シルヴィアには取られたくないし、シルヴィアのことなんか相手にするレヴィン様ではないと信じている。

・元々自分に自信のあるほうではなかったフュリー。
 それがシグルド軍参加で身分や教養、容貌、性格など諸々の面で自分がとても劣った田舎者に思えることも。

・フュリーは軍内の女性の中ではなぜかラケシスとは合うほう。
 しかし、ラケシスはレヴィンに対して辛辣でそこはさすがにたとえ正論であっても許せないと思うこともある。ラケシスの「完璧な」兄に比べればそうかもしれない。しかし、と反論したくなることもあった。
 男性と会話するのは苦手なほう。ただシアルフィ関係者とは比較的気軽に話ができる。

・シレジア帰国以降。
 マーニャの計らいでレヴィンと同じセイレーンに留まれることに。

・あっさり妹から姉に乗り換えたミデェールに思うことも。いくら妹は結婚したからって。
 そんなうちにシルヴィアとクロードが急接近。最大のライバルが去ったことに安どすると同時に、クロードの了見を知りたくもなる。

PageTop

ベオウルフとオイフェ

・「オイフェだってあと2,3年もすれば娘たちが放っておかないぐらいになる」

・第三者の見るベオウルフとラケシスにレヴィンとフュリー

・アグスティまでレヴィンを探しにやってきたフュリー
 何もレヴィンでなくともここにはいい男が多い。

・ベオウルフ、オイフェにラケシスのことで少しだけ本心を吐露。
 あの人がどうして俺を受け入れてくれたのか。
 どんな理由であっても必要とされるのは嬉しい。
 ラケシスさんが元気になったのはベオウルフさんのおかげですよ。
 逆だよ、俺にとってむしろ。
 オイフェはベオウルフがエルトシャンの知り合いということを少し疑ったこともあったけれど。

・シレジア亡命以降、シルヴィアの気持ちはクロードに傾く。
 しかし、レヴィンとフュリーは?
 オイフェやシアルフィの男性陣とは比較的会話をするフュリーにオイフェは複雑な気持ち。

・ラケシス妊娠後、訓練はお休み。
 本人は残念がっている。オイフェはラケシスの分をベオウルフから訓練を受けるように。

PageTop

レックス×アイラ

・アイラ、レックスの姿にガルザスをなぜか思い出す。
 容姿も性格も何も共通点はないはずだけど
 このころになると、アイラはリボーの件は濡れ衣であったかもしれないと感じ始める。

・レックス、アイラの甥シャナンに自分の甥を少しだけ重ねる。
 出国時奥さんは3人目を妊娠中。
 長男のブリアンとシャナンは同い年ぐらい

・理屈では分からないけれど、イザーク遠征に何か裏を感じていたレックス。

・レックス、アゼルがうらやましくもあるとアイラに打ち明ける。
 「グランベルにはずいぶん腹違いが多いのだな。しかも婚外子」
 「俺は家にとって不要な存在だ」「何を言うんだ」
 「母は何のために嫁いできたというのだ。俺に直系の聖痕が出なかったせいで離婚してマンスターに戻った。そして兄の母と親父は今さら正式に結婚した。」そんな聖戦士の家系でさえなければレックスが跡取り息子だったはず。

・アイラと出会うまでは独身主義のつもりでいたレックス。

PageTop

アカネイアその後改変(数パターン)

・封印の盾が完成したとき、アカネイア王家の人間は愛した人も愛してくれた人もすべてを失う定め。

・ニーナはアカネイア戦後処理をマルスに口約束で託して今度こそ一人の女として愛に生きる決心で姿を消す。
 しかしそこは有名人。顔を知らぬ人はなく、すぐに見つかり連れ戻されて監禁される。
 「勝手なことをされては困ります。何か企んでんの? 出ていきたいなら堂々と出て行け」
 そして旧王家からの生贄として処刑も検討される。
 そして意味不明な高さを誇ったニーナの人気は完全に失墜。
 自ら責任を放棄したニーナに親衛隊たちのベクトルも一気に愛から憎悪、その後無関心に変化しました。
 ニーナはそれまでの間彼女の盾となってくれたハーディンの大きさを認識するけれど後の祭り。

・その後のリンダ「どうしてオーラを使うのにニーナなんかの許可が必要だったのかしら」
 あの人は義務を放棄するくせに権利ばかりうるさかったただの恋愛脳ではないの。

・ハーディンの存在がなくなってから、アカネイアの人たちの怒りのベクトルはニーナに集中。
 恐怖に怯えたニーナは姿を消しました。
 互いのニーナへの愛で保っていたも同然だったアストリアとミディアは長すぎた春のせいか何だか知らないがその後破局。
 能力はない、やる気もないのに批判だけは一人前、ハーディンを憎悪することで精神の均衡を保っていたジョルジュ、ハーディンがいなくなることで正気に戻る。
 しかしその後ペラティに左遷、その後憂さ晴らしに入った娼館で一人の女と再会。当然それはバレンシアの存在すら知らず一人で生きるすべのなかったニーナ。そして最下層の身分はプライドだけは高い彼女に耐えきれるはずもなかった。
 ジョルジュは現在の不幸をすべてニーナのせいと信じ込んでいたので憎しみのあまり彼女を惨殺。そしてジョルジュは一生獄中暮らし。

・新王マルスの統治はハーディン時代が懐かしく思えるほど旧王家以来の貴族に過酷。その結果として貴族は例外なく没落、王権は強化。しかしダークサイドに堕ちた代償としてマルスは子どもなしで暗殺され、連合王国も解体されました。

・カミュにはもうアカネイアにもバレンシアにもこの世にはどこにも居場所はありませんでした。
 バレンシアでジークは最初からいないことになっていました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。