メモ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トラキア776・20.5章ノディオン兄妹周辺

・剣の手入れをするデルムッドに声をかけるフェルグス。
「ナンナの兄上と聞いた。確かに似ている。」
「その剣、手にとって見てもいいか?」「ああ」
「……どうしたんですか?」
「これは、母親からのプレゼントか?」
「わからない。イザークを出るときにオイフェさんから渡された。」
「これは、ノディオンの紋章だな」
「どうして知っているんですか?」
「昔、そこで働いていたことがある」

・デルムッドとホメロス、面識あり
「どうして教えてくれなかったの!」とホメロスに詰め寄るナンナ

・兄妹二人きりになるデルムッドとナンナ
「私は母親に似ているとよく言われました。」
「俺もだよ、ナンナ。」
「フィン様にも話を聞きたいし、お礼もしたい。」
「ナンナの知っている母上を教えてほしい」

・フェルグス、ノディオン近辺で働いた経験あり。また、アレスとも面識ありとノディオン兄妹初めて知る。兄妹、ノディオンおよびアレスの話をフェルグスにせがむ。
「アレスは生きているのね。」
「アレスはどんな人なのかしら?」
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。