メモ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シリウスその後

・アカネイア英雄戦争後、シリウスはバレンシアに戻る。
 しかし、帰国した彼を待っていたのは、彼の帰国を心待ちにしていたはずのティータの死の知らせだった。

・バレンシア国王アルムと対面するジーク。
 アルムは1か月の約束が連絡もなく1年となり、結果的にティータを死なすことになったジークを許せない。よって留保されていた職はすべて解任され、ジークは無職となる。

・ティータのいない家に戻るジークはグルニアで見つけた自分の墓、および自分の情報を思い出す。
 確かに「カミュ」は埋葬されたと。
 もう「カミュ」は死に、そして今また「ジーク」も死んだことを認識。
 そして自分はいったい何のためにアカネイアに戻ったのか。いっそ記憶など戻らなければよかった。
 それとも、自分は誰なのか。しかしそれを問いただしたところで既に居場所はない。

・ティータの墓で語りかけるジークはそのままこと切れる。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。