メモ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シャナン×ラクチェとその周辺

・ラクチェの髪は6章から終章までの間に伸びて変化。

・ヨハンとヨハルヴァ兄弟のアタックを鬱陶しいと感じていたラクチェだったけれど、二人が子ども狩りだけは頑として受け入れなかったことを知り気持ちに変化。そして失ったもう一人がその後心の中に生き続ける。

・7章セリス軍に合流したシャナン、ドズル兄弟の片方の加入を知り、その姿にヨハンの場合はレックスを、ヨハルヴァの場合はジャムカを思い出す。

・ラクチェ、パティの存在に危惧。そしてその後彼女の血筋をしりさらに驚がく。エーディンや兄妹と全然似ていない、しかしエーディンは彼女の容姿を「父親そっくり」と。

・パティとドズル兄弟は自称シャナンまたはラクチェそれぞれの「恋人」。

・ヨハンまたはヨハルヴァ、ラクチェとの恋が実らなかった場合はそれでも彼女への愛がきっかけでセリス軍にいられた運命には感謝をする。

・レックスの存在はその後セリス編までのドズル家ではタブー。しかしヨハンは彼に興味を抱いている。

・ラクチェは王都イザーク、スカサハはソファラがお気に入りの街。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。