メモ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ニーナその後(改変)

・祭壇にて、罪悪感(といってもハーディンをカミュへの愛ゆえに愛せなかったことのみ)ゆえに自らメディウスの業火に身を投げようとするところお約束通りシリウスがかばって彼の仮面が外れる。彼のいまわの言葉は「ティータ」。そしてニーナのティータを探す旅が始まった。

・しかし彼女はバレンシアの方向など知らず、知っても船賃すら払えない。手に職もない。
 結局「パンと水だけでいいから」と旅館に住み込みで働く。しかし、そんな生活など耐えられるはずもなくマルスの温情にすがるためにアカネイアに帰る。しかし結局オレルアン送り・・・・・・ならまだましであって、「ニーナ? 誰それ」と相手にされないのがオチ。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。