メモ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブリギッドの逃走

・3章シルベール制圧後

・オーガヒルの部下たちの裏切りにあい、ブリギッドは逃走する
 行先はわからない。
 ドバールの言っていたことは真実なの?
 よくある作り話ではなくて?
 いったい私は何者なの?
 それもわからないままこのまま力尽きて死んでしまうの?
 助けて、おやじ、お父様…!
 眼前にはブラギの塔が見えてくる。

・私はどうしてこんな目に?
 本当の子でなければ頭目になれないの?
 私に何が不満なの? 女だから? 力がないから?
 結局は自分のせいなのか。
 私は父親のやり方を継いだだけなのに。
 できる限りのことはした。
 何もわからないままで死ぬわけにはいかないわ!

・途上で弓騎士と出会う
 「エーディン」という名の女と間違えたらしい。
 「もう行くからな」と言ってそのまま離れたけれど、私はどこへ行くの?
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。