メモ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アカネイアその後改変(数パターン)

・封印の盾が完成したとき、アカネイア王家の人間は愛した人も愛してくれた人もすべてを失う定め。

・ニーナはアカネイア戦後処理をマルスに口約束で託して今度こそ一人の女として愛に生きる決心で姿を消す。
 しかしそこは有名人。顔を知らぬ人はなく、すぐに見つかり連れ戻されて監禁される。
 「勝手なことをされては困ります。何か企んでんの? 出ていきたいなら堂々と出て行け」
 そして旧王家からの生贄として処刑も検討される。
 そして意味不明な高さを誇ったニーナの人気は完全に失墜。
 自ら責任を放棄したニーナに親衛隊たちのベクトルも一気に愛から憎悪、その後無関心に変化しました。
 ニーナはそれまでの間彼女の盾となってくれたハーディンの大きさを認識するけれど後の祭り。

・その後のリンダ「どうしてオーラを使うのにニーナなんかの許可が必要だったのかしら」
 あの人は義務を放棄するくせに権利ばかりうるさかったただの恋愛脳ではないの。

・ハーディンの存在がなくなってから、アカネイアの人たちの怒りのベクトルはニーナに集中。
 恐怖に怯えたニーナは姿を消しました。
 互いのニーナへの愛で保っていたも同然だったアストリアとミディアは長すぎた春のせいか何だか知らないがその後破局。
 能力はない、やる気もないのに批判だけは一人前、ハーディンを憎悪することで精神の均衡を保っていたジョルジュ、ハーディンがいなくなることで正気に戻る。
 しかしその後ペラティに左遷、その後憂さ晴らしに入った娼館で一人の女と再会。当然それはバレンシアの存在すら知らず一人で生きるすべのなかったニーナ。そして最下層の身分はプライドだけは高い彼女に耐えきれるはずもなかった。
 ジョルジュは現在の不幸をすべてニーナのせいと信じ込んでいたので憎しみのあまり彼女を惨殺。そしてジョルジュは一生獄中暮らし。

・新王マルスの統治はハーディン時代が懐かしく思えるほど旧王家以来の貴族に過酷。その結果として貴族は例外なく没落、王権は強化。しかしダークサイドに堕ちた代償としてマルスは子どもなしで暗殺され、連合王国も解体されました。

・カミュにはもうアカネイアにもバレンシアにもこの世にはどこにも居場所はありませんでした。
 バレンシアでジークは最初からいないことになっていました。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。