メモ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ベオウルフとオイフェ

・「オイフェだってあと2,3年もすれば娘たちが放っておかないぐらいになる」

・第三者の見るベオウルフとラケシスにレヴィンとフュリー

・アグスティまでレヴィンを探しにやってきたフュリー
 何もレヴィンでなくともここにはいい男が多い。

・ベオウルフ、オイフェにラケシスのことで少しだけ本心を吐露。
 あの人がどうして俺を受け入れてくれたのか。
 どんな理由であっても必要とされるのは嬉しい。
 ラケシスさんが元気になったのはベオウルフさんのおかげですよ。
 逆だよ、俺にとってむしろ。
 オイフェはベオウルフがエルトシャンの知り合いということを少し疑ったこともあったけれど。

・シレジア亡命以降、シルヴィアの気持ちはクロードに傾く。
 しかし、レヴィンとフュリーは?
 オイフェやシアルフィの男性陣とは比較的会話をするフュリーにオイフェは複雑な気持ち。

・ラケシス妊娠後、訓練はお休み。
 本人は残念がっている。オイフェはラケシスの分をベオウルフから訓練を受けるように。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。