メモ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2章終了後ノイッシュとラケシス

・エルトシャンはシルベールに去り、今までガードしてくれたイーヴ三兄弟はノディオンへ帰還し、ラケシスは一人アグスティにとどまることになる。
 周囲はグランベルの人たち、今までは協力者だったけれどこの先はどう転ぶのかもわからない。人質も同然なのかもしかして。
 ノディオンは遠く、周囲に親しい人もいない。エルトシャンやイーヴに会いに行くこともできないとラケシスは急に孤独感にさいなまされる。そこに声をかけてきたのがノイッシュだった。

 この人はシグルド様の傍にいた人。金髪で赤い鎧を身にまとい。そこだけなら兄さまと同じかな。少し慰められる。

 アグスティはノディオンよりも賑やかな町で何といっても王都。これから少しでもこの町の暮らしを楽しめればね。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。