メモ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アンジェリーク第2話

アンジェリーク
「なんだか気が重いな…
 どうしちゃったんだろ、私」

アンジェリーク
「今のは…?」


「アンジェリーク、元気かなぁ…
 ねぇ、あの子がいないと
 なんだか静かな気がしない?」


「うん、そうだね
 今頃何してるのかなぁ
 ロザリアとは
 うまくやってるかな」


「ロザリアって
 すっごく優等生なんだよね
 アンジェリークと
 仲良くしてくれてるかな」


「大丈夫よ
 だって、同じスモルニィ女学院の
 生徒だし、きっと仲良くしてるわよ」


「そうだよね
 ロザリアもきっと
 アンジェリークのよさを
 わかってくれるよね
 きっと、がんばってるんだろうね」


「うん、そうだね。きっと…
 …がんばってね、アンジェリーク」

アンジェリーク
「待って、ねぇ、待ってよ!
 …あれ?
 今のって??
 …みんな、元気かな
 なんだかさびしくなっちゃった
 ホームシックかなぁ…
 そうだ、気分転換に
 森の湖に行ってみよっと」

アンジェリーク
「静か…
 ここにいると落ち着くな
 自然って心を
 なごませてくれるのね」

ロザリア
「あんた…こんな所に
 1人で何してるの?」

アンジェリーク
「えっ、私?」

A:お友だちを思い出して…
B:気晴らしに湖が見たかったの
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。