メモ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ロザリア第3話:仲良しの守護聖の大陸関心が強い・関心が弱い場合の誘いを断る

アンジェリーク
「こんにちは
 ロザリア!」

ロザリア
「アンジェリーク!
 …ひょっとしてこの子
 今私が◯◯◯◯様の
 ご機嫌を損ねたのを…
 みていたのかしら?」

A:見ていたに違いないわ
B:まさか、見ていないわよね

PageTop

A:ベッドに寝かせなくちゃ!

アンジェリーク
「ロザリア
 しっかりして!」

アンジェリーク
「もうっ、ロザリアったら
 無茶するんだからっ
 さてっと、あと私に
 できそうなことは…」

A:もうなさそうね
B:一緒にいることはできそうね

PageTop

ロザリア第3話:挨拶5段階目がマルセル・大陸への関心が強い

ロザリア
「マルセル様
 こんにちは」

マルセル
「こんにちは
 ロザリア!
 お散歩してるの?
 でも、遊んでる場合じゃ
 ないよね
 君には大陸を導くって
 大事な役目があるんだもん
 ぼくも部屋に戻るよ
 君もちゃんと
 育成をしたほうがいいよ」

ロザリア
「ご機嫌を
 損ねちゃったかしら…」

続きへ

PageTop

B:でも、休んだほうが…

アンジェリーク
「でも、少し
 休んだほうがいいんじゃない?
 ばあやさん、心配してたわよ」

ロザリア
「今日中に
 やらなきゃならないことが
 あるのよ
 ほっといてくださる?」

アンジェリーク
「でも、今日無理して
 がんばるより、休んで
 明日からがんばったほうが
 いいと思うわ」

ロザリア
「それが余計なお世話だって
 言えるのよ」

アンジェリーク
「…ロザリア?」

ロザリア
「な、なんでもないわ…」

アンジェリーク
「ロザリア! 大丈夫?
 大変だわ!」

A:ベッドに寝かせなくちゃ!
B:ばあやさんを呼ばなくちゃ!

PageTop

ロザリア第3話

ロザリア
「すごくいいお天気ね
 そうだわ、こんな日は
 ちょっと公園を
 散歩してみましょう」

ロザリアとあいさつが5段階以上の守護聖

・ジュリアス 大陸への関心 強い/弱い

・クラヴィス 大陸への関心 強い/弱い

・ランディ 大陸への関心 強い/弱い

・リュミエール 大陸への関心 強い/弱い

・オスカー 大陸への関心 強い/弱い

・マルセル 大陸への関心 強い/弱い

・ゼフェル 大陸への関心 強い/弱い

・オリヴィエ 大陸への関心 強い/弱い

・ルヴァ 大陸への関心 強い/弱い

PageTop

B:◯◯◯◯様のこと?

ロザリア
「◯◯◯◯様のこと?」

アンジェリーク
「うん!
 すてきな方ばかりで
 目がくらんじゃうよね
 ロザリアも
 そういうことってない?」

ロザリア
「あきれたわね
 仮にもこの私と女王の座を
 競おうというのに
 まるで自覚もないなんて」

アンジェリーク
「ひっどーい!
 そんな言い方って
 ないじゃない。私だって
 がんばってるんだから!
 ロザリアと
 おしゃべりしたいって
 思っただけなのに
 私、もう帰る!」

ロザリア
「ちょっときつく
 言い過ぎたかしら?
 …まあいいわよね」

第3話へ

PageTop

A:女王試験中だってことわかってるの?

ロザリア
「あんた、今が
 女王試験中だってこと
 わかってるの?」

アンジェリーク
「えっ…!?
 で、でも
 女の子同士だから
 いいかなって…」

ロザリア
「あきれたわね
 仮にもこの私と女王の座を
 競おうというのに
 まるで自覚もないなんて」

アンジェリーク
「ひっどーい!
 そんな言い方って
 ないじゃない。私だって
 がんばってるんだから!
 ロザリアと
 おしゃべりしたいって
 思っただけなのに
 私、もう帰る!」

ロザリア
「ちょっときつく
 言い過ぎたかしら?
 …まあいいわよね」

第3話へ

PageTop

A:大丈夫そうね

アンジェリーク
「なんだか、大丈夫そうね
 思ったよりも元気じゃない
 …ロザリア?」

ロザリア
「な、なんでもないわ…」

アンジェリーク
「ロザリア! 大丈夫?
 大変だわ!」

A:ベッドに寝かせなくちゃ!
B:ばあやさんを呼ばなくちゃ!

PageTop

B:無駄なことはやめておけばいいのに…

アンジェリーク
「無駄じゃないもん
 私のエリューシオンだって
 これからますます
 発展していくんだから
 あとになってびっくりしても
 しらないわよ」

ロザリア
「いったい
 何をしに来たのかしら
 あの子…??」

第2話へ

PageTop

A:だったら勝負よ!

アンジェリーク
「ええ、ロザリア
 同じ目標を持つライバルとして
 あなたに負けたくないんだから
 私のエリューシオンを
 見ててね
 よし、がんばるぞ!」

ロザリア
「いったい
 何をしに来たのかしら
 あの子…??」

第2話へ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。